postheadericon 方法

修理

データ復旧のために、定期的なバックアップ方法を以下に上げていく。

パソコンに異常音が見られた場合、まずはもっとも重要なデータのバックアップをとらなければならない。
定期的にバックアップを行っているパソコンの場合は、外付けハードディスクなどに保存されているので問題無い。
方法としてはUSBメモリなどの大容量リムーバブルディスクに重要なデータを保存する。
早めに行わなければ、近日中とは言わず、バックアップを取っている間に異常が発生し、動かなくなってしまう場合もある。

データをバックアップした場合は、OSやアプリケーションのバックアップも推奨されている。
アプリケーションがないと見ることができないデータも存在するので、こうした環境設定も重要なツールである。
パソコンに異常が発生している場合は余計な作業を行わず、使用を停止することが重要である。
しかし、バックアップソフトを使用すれば、OSが起動している場合でも作業を行うことができるので、こうしたバックアップソフトの利用が便利である。

バックアップが終了すれば、専門の修理業者に修理を依頼する。

postheadericon 物理的か論理的か

HD

データ復旧ソフトを使い、データ復旧を試みる人もいる。
これは、ハードディスクの磁気ヘッドにも問題は無く、機能的な故障が無い場合に自己対策するためには有効なソフトである。
修理業者に出す必要も無く、データ流出の心配をする必要が無いため、よく取られる手段でもある。

しかし、機能的な障害があるのか、論理的な障害なのかの見分け方を間違えば、さらにデータを傷つけてしまう恐れがあるので、注意である。
チェックの方法があるので、これを確かめて見てからデータ復旧ソフトを使うかどうかを決定したい。

postheadericon 確認方法

内部

ハードディスクの故障が、物理的なものか、論理的なものなのかを見分ける方法は以下の通りである。

パソコン内のハードディスクを取り出し、外付けハードディスクとして他のパソコンに代わりに付けてみることで、ハードディスクの物理的障害なのかを確認することができる。
認識される場合はそのハードディスク内にあるデータを取り出すことができるということである。
このため、修理はハードディスク以外の他の部分の機能の障害であるということである。

それでもハードディスクが認識されない場合は、データの救出は難しい。
また、ウィンドウズであればチェック機能があるので、そのチェック機能を試し、エラー修正でデータ復旧を行うこともできる。
その方法でもハードディスク自体に異常があれば、データ復旧は難しい。

電源周りに異常があれば、ディスクの問題ではないことがあるので、デバイスマネージャーをチェックすることが推奨される。
マイコンピュータの項目が表示されない場合は、論理障害が起きている可能性が大きい。

データ復旧ソフトでは、使い方が明記されているので、それに沿って復旧をおこなう。

2014年12月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031